市場ニュース

戻る
2016年08月10日13時05分

【特集】<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位に小野薬

小野薬 <日足> 「株探」多機能チャートより
 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の9日正午現在で、小野薬品工業<4528>が「買い予想数上昇」2位となっている。

 米製薬大手のブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)が5日、小野薬と共同開発した免疫活用型抗がん剤「オプジーボ」がより幅広い肺がん患者の治療に効果があるかを調べる治験で有効性を確認できなかったことを発表した。これを受けて小野薬は週明け8日にストップ安に売り込まれたものの、9日は押し目買いに反発に転じた。時価3000円近辺は強弱感が対立している。

 「オプジーボ」はバイオ医薬品で現在主流を形成している抗体医薬品の一種で免疫細胞にがん細胞を攻撃させるメカニズムを持つ。人間の免疫力を活用することから既存の抗がん剤とは異なり人体に与える副作用が乏しいうえ、あらゆるがん細胞に対して効果の可能性を内包していることで市場でも注目の的となっている。9日に、「今回の治験失敗が胃がんなど他の治験に与える影響はない」と発表したことで投資家の不安心理も緩和されている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均