市場ニュース

戻る
2016年08月10日09時59分

【材料】資生堂が急反落、成長投資などで16年12月期業績予想を下方修正

資生堂 【日足】
多機能チャートへ
資生堂 【日中足】

 資生堂<4911>が急反落。9日の取引終了後、16年12月期の連結業績予想について、売上高を8720億円から8480億円へ、営業利益を380億円から300億円へ、純利益を345億円から300億円へ下方修正したことが嫌気されている。

 想定為替レートを期初の1ドル=119円から下期102円へ見直したたことに加えて、新たに取得したブランドへの成長投資などが利益を押し下げるとしている。

 なお、同時に発表した第2四半期累計(1~6月)決算は、売上高4122億7900万円、営業利益199億4200万円、純利益244億9600万円だった。前期に決算期を変更したため、前年同期との比較はないが、調整後の15年度上期との比較では0.4%増収、32.1%営業増益となり、純利益は4.5倍増となった。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均