市場ニュース

戻る
2016年08月10日09時27分

【特報】話題株先取り【寄り付き】(2):近鉄エクス、資生堂、大日印、Jディスプレなど

近鉄エクス <日足> 「株探」多機能チャートより
■近鉄エクスプレス <9375>  1,398円  -90 円 (-6.0%) 特別売り気配   09:06現在
 9日に決算を発表。「上期経常を一転29%減益に下方修正、通期も減額」が嫌気された。
 近鉄エクスプレス <9375> が8月9日大引け後(15:00)に決算を発表。17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比30.4%減の19.8億円に落ち込んだ。
  ⇒⇒近鉄エクスプレスの詳しい業績推移表を見る

■資生堂 <4911>  2,629.5円  -150 円 (-5.4%) 特別売り気配   09:06現在
 9日に決算を発表。「今期経常を24%下方修正」が嫌気された。
 資生堂 <4911> が8月9日大引け後(15:05)に決算を発表。16年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結経常利益は183億円となった。
  ⇒⇒資生堂の詳しい業績推移表を見る

■大日本印刷 <7912>  1,047円  -55 円 (-5.0%)  09:06現在
 9日に決算を発表。「4-6月期(1Q)最終は90%減益で着地」が嫌気された。
 大日本印刷 <7912> が8月9日大引け後(15:00)に決算を発表。17年3月期第1四半期(4-6月)の連結最終利益は前年同期比90.4%減の7.7億円に大きく落ち込み、通期計画の345億円に対する進捗率は2.2%にとどまり、5年平均の26.6%も下回った。
  ⇒⇒大日本印刷の詳しい業績推移表を見る

■ジャパンディスプレイ <6740>  167円  -7 円 (-4.0%)  09:06現在
 9日に決算を発表。「非開示だった上期営業は赤字転落へ」が嫌気された。
 ジャパンディスプレイ <6740> が8月9日大引け後(15:00)に決算を発表。17年3月期第1四半期(4-6月)の連結営業損益は34.1億円の赤字(前年同期は22.4億円の黒字)に転落した。
  ⇒⇒ジャパンディスプレイの詳しい業績推移表を見る

■西日本シティ銀行 <8327>  207円  -8 円 (-3.7%)  09:06現在
 9日に決算を発表。「4-6月期(1Q)経常は30%減益で着地」が嫌気された。
 西日本シティ銀行 <8327> が8月9日大引け後(15:30)に決算を発表。17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比30.2%減の110億円に落ち込んだが、4-9月期(上期)計画の185億円に対する進捗率は59.5%に達し、5年平均の46.3%も上回った。
  ⇒⇒西日本シティ銀行の詳しい業績推移表を見る

■昭和電工 <4004>  1,023円  -39 円 (-3.7%)  09:06現在
 9日に決算を発表。「今期経常を26%下方修正」が嫌気された。
 昭和電工 <4004> が8月9日大引け後(15:00)に決算を発表。16年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結経常利益は前年同期比54.8%減の70.1億円に大きく落ち込んだ。
  ⇒⇒昭和電工の詳しい業績推移表を見る

■ブリヂストン <5108>  3,485円  -131 円 (-3.6%)  09:06現在
 9日に決算を発表。「今期経常を11%下方修正」が嫌気された。
 ブリヂストン <5108> が8月9日大引け後(15:00)に決算を発表。16年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結経常利益は前年同期比8.2%減の2139億円に減った。
  ⇒⇒ブリヂストンの詳しい業績推移表を見る

■第一生命保険 <8750>  1,412円  -50 円 (-3.4%)  09:06現在
 9日に決算を発表。「4-6月期(1Q)経常は35%減益で着地」が嫌気された。
 第一生命保険 <8750> が8月9日大引け後(16:30)に決算を発表。17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比35.0%減の1176億円に落ち込んだが、通期計画の4060億円に対する進捗率は29.0%となり、5年平均の28.3%とほぼ同水準だった。
  ⇒⇒第一生命保険の詳しい業績推移表を見る

■PCデポ <7618>  1,452円  +90 円 (+6.6%) 特別買い気配   09:06現在
 9日に決算を発表。「4-6月期(1Q)経常は73%増益で着地、今期配当を実質増額修正」が好感された。
 ピーシーデポコーポレーション <7618> が8月9日大引け後(15:00)に決算を発表。17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比73.0%増の14.6億円に拡大し、4-9月期(上期)計画の23億円に対する進捗率は63.7%に達し、5年平均の42.8%も上回った。同時に、9月30日割当の1→1.2の株式分割を発表したが、年間配当は従来計画の13円を据え置いた。据え置いたことに伴い年間配当は実質10.0%の増額となる。
  ⇒⇒PCデポの詳しい業績推移表を見る
 同時に発表した「7月既存店売上高は7.4%増」も買い材料。
 7月既存店売上高は前年同月比7.4%増と今期に入り4ヵ月連続で前年実績を上回った。
 同時に発表した「1→1.2の株式分割を実施」も買い材料。
 9月30日現在の株主を対象に1→1.2の株式分割を実施する。最低投資金額は現在の6分の5に低下する。

■タカラトミー <7867>  960円  +55 円 (+6.1%)  09:06現在
 9日に決算を発表。「4-6月期(1Q)経常は赤字縮小で着地」が好感された。
 タカラトミー <7867> が8月9日大引け後(15:00)に決算を発表。17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常損益は8億円の赤字(前年同期は9.6億円の赤字)に赤字幅が縮小した。
  ⇒⇒タカラトミーの詳しい業績推移表を見る

株探ニュース

日経平均