市場ニュース

戻る
2016年08月10日08時37分

【市況】抵抗レンジ上限を意識してくるか/日経225・本日の想定レンジ

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

[本日の想定レンジ]
 9日のNY市場は上昇。欧州市場が全面高となった流れを受けて買いが先行。6月卸売在庫が予想を上振れ緩やかに上昇したものの、原油相場の下落を受けて上げ幅を縮小し、その後は上値の重い展開となった。ダウ平均は3.76ドル高の18533.05、ナスダックは12.34ポイント高の5225.48。シカゴ日経225先物清算値は大阪比50円安の16680円。

 シカゴ先物にさや寄せする格好から利食い優勢となろうが、日銀のETF買入れへの思惑から底堅さが意識されやすいであろう。昨日の上昇でパラボリックは16700円処に位置していたSAR値にタッチしており、陽転シグナルを発生させている。また、MACDはシグナルとのクロスにより、陽転シグナルを発生させている。
 価格帯別出来高の膨らんでいる16600-16800円のレンジに入っており、強弱感が対立しやすいところである。ただし、この水準を明確に上放れてくることができると、19000円辺りまでは出来高の抵抗は小さい。こう着のなか、レンジ上限を意識してくるかが注目される。16650-16850円のレンジを想定。

[予想レンジ]

上限 16850円-下限 16650円

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均