市場ニュース

戻る
2016年08月10日06時33分

【市況】NY金:反発で1346.70ドル、ドル安が影響


NY金は反発(COMEX金12月限終値:1346.70↑5.40)。米4-6月期非農業部門労働生産性速報が、予想外に3四半期連続のマイナスに落ち込んだことで米国債利回りが低下。為替市場では、ドルが主要通貨に対して売り優勢となったことから、金は買われる展開となった。


日足チャートでは、7月6日の年初来高値1384.40ドル手前で失速した格好となっているが、昨年末を起点とした上昇トレンドは継続している。50日移動平均線が目先のサポートラインとして意識されよう。

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均