市場ニュース

戻る
2016年08月09日18時42分

【テク】日経平均テクニカル:パラボリック、MACDは陽転シグナルを発生


続伸。利食い先行で始まったが、その後はじりじりと上げ幅を広げる格好となり、陽線を形成している。目先は5日、25日線とのデッド・クロスが意識されていたが、5日線の切り上がりによって、デッド・クロスを回避。一目均衡表では転換線突破し、雲を上放れる形状となっており。ボリンジャーバンドでは+1σを捉えてきており、+2σを意識させてくるかが注目される。パラボリックは16700円処に位置していたSAR値にタッチしており、陽転シグナルを発生させている。また、MACDはシグナルとのクロスにより、陽転シグナルを発生させている。価格帯別出来高の膨らんでいる16600-16800円のレンジに入っており、強弱感が対立しやすいところである。ただし、この水準を明確に上放れてくることができると、19000円辺りまでは出来高の抵抗は小さい。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均