市場ニュース

戻る
2016年08月09日14時09分

【材料】東レが4日続伸、第1四半期業績好調で立花証が投資判断「強気」

東レ <日足> 「株探」多機能チャートより
 東レ<3402>が4日続伸、底値圏で収れんする13週・26週移動平均線を足場に上に放れてきた。炭素繊維の世界トップメーカーで航空機向けに好調な需要を取り込むほか、中国パネルメーカーの投資拡大を背景にカラーフィルター製造装置や有機EL向け正孔輸送材などが伸びている。16年4~6月期は営業利益段階で410億円と前年同期比2ケタ増益を達成、会社側期初想定を40億円程度上振れした。

 立花証券では8日付で同社の投資判断を「強気」でフォローしており、17年3月期の営業利益については会社側と同じ1700億円(前期比10%増)を予想、18年3月期については1800億円と増益基調の継続を見込んでいる。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均