市場ニュース

戻る
2016年08月09日10時30分

【市況】10時30分時点の日経平均は前日比17.14円高、「テニスが熱い!」オリンピックに関心向かい方向感乏しい

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

10時30分時点の日経平均は前日比17.14円高の16667.71円で推移している。ここまでの高値は9時39分の16696.24円、安値は10時07分の16630.56円。先物の売買フローが少ないなか、日経平均は前日終値水準での小動きとなっている。一部市場関係者は「市場参加者は、朝は体操男子団体、今は錦織選手のテニス、そして、競泳男子とオリンピックに夢中になっているのでは?」とコメント。海外投資家主体の日本株市場だが、オリンピックに関心が集中していることで方向感に乏しくなっているもよう。

TOPIXコア30銘柄では、武田薬<4502>、三井物産<8031>、三菱商事<8058>、三井住友<8316>、NTT<9432>が買い優勢となっている一方、デンソー<6902>、ホンダ<7267>がさえない。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均