市場ニュース

戻る
2016年08月09日10時02分

【市況】10時時点の日経平均は前日比1.95円安、ブラザーが20%超の急騰で年初来高値を更新

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

10時時点の日経平均は前日比1.95円安の16648.62円で推移している。米国株はさえなかったが、原油価格の反発を材料に前日終値水準でスタート。前日の大幅高に対する反動は限定的となっている。積極的に買うような動きは観測されないが、日銀によるETF買入幅の拡大などを背景に強い地合いに。為替市場では、ドル・円は102円30銭台、ユーロ・円は113円50銭台と小動きが続いている。

全市場の売買代金上位銘柄では、任天堂<7974>が上げ幅を拡大しているほか、三菱UFJ<8306>、ソフトバンクグ<9984>、三井住友<8316>、そーせい<4565>、ソニー<6758>、花王<4452>、第一生命<8750>が上昇。また、決算が材料視されてブラザー<6448>が大幅高で年初来高値を更新している。一方、トヨタ自<7203>、大林組<1802>、野村<8604>がさえない。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均