市場ニュース

戻る
2016年08月09日09時05分

【市況】東京株式(寄り付き)=小反落、前日急伸の反動で上値に重さ

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより
 9日の東京株式市場は売り買い交錯もやや売り優勢、寄り付きの日経平均株価は前日比18円安の1万6632円と小幅反落

 前日の欧州株市場は総じて続伸基調にありリスクを取る動きが優勢だが、米国市場ではNYダウが小幅ながら反落と利益確定の動きに押されており、前日に400円近い急伸をみせた日経平均も上値が重くなっている。一方、外国為替市場では1ドル=102円台前半でもみ合っており、輸出株への売り圧力は限定的。下値では日銀のETF買いに対する期待感も根強く、底堅さも発揮しそうだ。市場エネルギーは減少傾向にあることで、取引時間中の値動きも乏しくなるとの見方が出ている。

 寄り付き時点で業種別では33業種中、15業種前後が高く、値上がり上位に空運、水産、銀行、その他製品、鉱業など。値下がりでは繊維、金属製品、ゴム製品、電力ガス、非鉄など。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均