市場ニュース

戻る
2016年08月09日08時08分

【材料】きちり---17.6期は2ケタの増収増益見通し、高付加価値料理の開発や新業態の構築に尽力

きちり <日足> 「株探」多機能チャートより

きちり<3082>は5日、2016年6月期(15年7月-16年6月)決算を発表。売上高が前期比9.0%増の80.31億円、営業利益が同4.9%減の4.23億円、経常利益が同3.4%減の4.24億円、当期純利益が同120.5%増の2.56億円だった。

16年6月期第4四半期(16年4月-6月)には、東京都や神奈川県、千葉県、埼玉県に「いしがまやハンバーグ」業態5店舗、オムライス専門店である「3Little Eggs」2店舗を新規出店。付加価値の高い料理の開発や新たな業態の構築にも尽力している。プラットフォームシェアリング事業については、「EATALY事業への参画」により多様性を備えた事業に成長。

17年6月期通期については、売上高が前期比18.3%増の95.00億円、営業利益が同29.9%増の5.50億円、経常利益が同29.7%増の5.50億円、当期純利益が同28.7%増の3.30億円を見込んでいる。

なお、東京千代田区永田町には遊休不動産を活用したリノベーション戦略の取り組みとして、緑豊かな洗練された空間でNYスタイルのステーキが楽しめる「Anchor Point」を16年6月にオープンさせている。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均