市場ニュース

戻る
2016年08月08日15時20分

【特集】北恵 Research Memo(5):リフォーム需要の取り組みや施工付販売の受注次第では業績が上振れる可能性あり

北恵 <日足> 「株探」多機能チャートより

■決算動向

(2) 2016年11月期の業績見通し

北恵<9872>の2016年11月通期の業績は、売上高が前期比3.0%増の48,800百万円、営業利益が同2.6%増の600百万円、経常利益が同0.4%増の690百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同13.3%減の400百万円と予想されている。親会社株主に帰属する当期純利益が減益となるのは前期に特別利益が発生したためである。これらの予想は期初の予想と変わっていない。

住宅市場全般は消費増税の反動からは脱却したものの、完全に回復したとは言い切れない状況が続いている。住宅着工件数は前年比ではプラスに転じているが、その水準は決して高いとは言えない。そのため同社でも今期(2016年11月期)の業績をかなり固めに見ている。しかし同社商品への需要は必ずしも新築住宅だけではなく、近年ではリフォームによる需要も増加していることから、リフォーム需要の取り込みや注力している施工付販売の受注次第では業績が上振れする可能性もありそうだ。

商品別売上高は、木質建材4,300百万円(前期比3.9%減)、非木質建材3,000百万円(同1.0%減)、合板2,100百万円(同2.1%増)、木材製品1,800百万円(同3.3%減)、住宅設備機器11,400百万円(同0.3%増)、施工付販売23,000百万円(同8.3%増)、その他3,200百万円(同4.4%減)と予想されている。一部の商品は減収が予想されているが、これは施工付販売への移行が見込まれるためであり、実質的にはすべての商品で増収を予想している。

また地域別売上高は、近畿16,900百万円(前期比3.4%増)、九州・中四国7,300百万円(同0.4%増)、中部4,800百万円(同0.2%増)、東日本19,800百万円(同4.4%増)、その中で首都圏18,200百万円(同4.6%増)を予想している。各地域で増収を予想しているが特に首都圏での売上高を伸ばす計画だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均