市場ニュース

戻る
2016年08月08日11時51分

【市況】東京株式(前引け)=雇用統計受けた米株高を追い風に急反発

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより
 8日前引けの日経平均株価は前週末比323円30銭高の1万6577円75銭と急反発。前場の東証1部の売買高概算は10億2816万株、売買代金概算は1兆671億9000万円。値上がり銘柄数は1357、対して値下がり銘柄数は533、変わらずは78銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、前週末の欧米株市場が軒並み堅調だったことを受けてリスクを取る動きが強まった。注目された7月の米雇用統計は事前の市場予測を大きく上回る好調を示したことから、米国経済に対する強気の見方が優勢となり、ナスダック指数は史上最高値を更新、出遅れ感の強い東京市場でも主力株中心に追い風が強い。外国為替市場では米利上げ観測の高まりがドル買いの動きを誘発しており、1ドル=102円台前半と円安傾向に傾いていることもポジティブに作用している。また、需給面では引き続き買い入れ枠を倍増した日銀のETF買いへの期待も底流している。

 個別ではソフトバンクグループ<9984>が堅調、任天堂<7974>も買いが優勢。ファーストリテイリング<9983>が値を飛ばし、ファナック<6954>も上昇した。4~6月期営業減益も市場予想を上回ったSMC<6273>は大きく買われた。中低位株ではDOWAホールディングス<5714>が商いを伴い急伸、パイオニア<6773>も物色人気。半面、17年6月期大幅減益予想を受けてウェルネット<2428>がストップ安、双葉電子工業<6986>、ワコム<6727>も急落となった。業績低迷が改めて嫌気されてジャパンディスプレイ<6740>も安い。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均