市場ニュース

戻る
2016年08月08日09時59分

【材料】トヨタなど自動車株が高い、米雇用統計受け1ドル=102円台の円安進行など好感

トヨタ <日足> 「株探」多機能チャートより
 トヨタ自動車<7203>を筆頭に、日産自動車<7201>、富士重工業<7270>など自動車株への買いが目立つ。

 注目された7月の米雇用統計は事前の市場予測を大きく上回る内容で、米景気の好調さを裏付ける結果となった。好調な米経済を背景とした北米での自動車販売拡大期待のほか、早晩の米利上げ観測が日米金利差拡大を背景としたドル買い円売りの動きを誘発していることも追い風。足もとは1ドル=102円台まで円安が進行しており、為替感応度の特に高い自動車セクターは輸出採算の改善期待から買いを引き寄せている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均