市場ニュース

戻る
2016年08月08日09時12分

【市況】個別銘柄戦略:米雇用統計を受け買い優勢に、午後の日銀のETF買い入れに引き続き関心

日産自 <日足> 「株探」多機能チャートより

予想を上回る米雇用統計の結果を受けた米国株高の流れを受けて、買い優勢の展開となろう。ただし、決算発表がピークを迎えるなか、基本的には様子見ムードの強い相場展開になるだろう。それよりも、市場は午後の日銀のETF買い入れに引き続き関心が向かいやすい。そのため指数インパクトの大きい値がさ株等に引き続き思惑的な資金が集中しよう。個別では車載用電池事業から撤退すると伝えられている日産自<7201>や省エネにつながる新素材を使った半導体ウエハーの生産性を5割引き上げる加工装置を開発と伝わったディスコ<6146>、社債発行が伝えられているソニー<6758>等に注目。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均