市場ニュース

戻る
2016年08月07日10時05分

【市況】NY原油先物週間見通し:上昇か、買戻し優勢の展開に


■NY原油先物
安値:39.19ドル
高値:42.10ドル
終値:41.80ドル
前週末比(騰落率):0.48%

■横ばい、需給バランスの改善を受けて下げ止まる

横ばい。需給バランスの歪みが影響して40ドルを割り込むなど弱い動きが続いていた。ただ、米エネルギー情報局(EIA)が3日に発表した石油在庫統計で、ガソリン在庫が4月以降で最大の減少となったことから売りが一服。下げ止まる展開となっている。


■上昇か、買戻し優勢の展開に

想定レンジ:40.00~44.50ドル

上昇か。先週末の7月の米雇用統計が市場予想を上振れたことから、リスク選好の地合いとなりそうだ。2ヶ月に渡る下げトレンドが一服しており200日移動平均線を回復している。売り方の買戻しによって、100日移動平均線レベルまでの回復は期待できよう。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均