市場ニュース

戻る
2016年08月05日18時41分

【市況】5日の日本国債市場概況:債券先物は151円台後半で底堅く推移


<円債市場>
長期国債先物2016年9月限
寄付151円68銭 高値151円70銭 安値151円51銭 引け151円61銭
売買高総計20259枚

2年 367回 -0.195%
5年 128回 -0.190%
10年343回 -0.100%
20年157回 0.285%

債券先物9月限は、151円68銭で取引を開始し、151円70銭を高値に、売りが強まり151円51銭まで下落。その後、引けにかけて買い戻しが優勢になった。現物債の取引では、全年限で買いが優勢になった。英中銀の予想以上の金融緩和を受けて欧米の国債利回りが低下しており、日本も追随した。

<米国債概況>
2年債は0.65%、10年債は1.50%、30年債は2.25%近辺で推移。
債券利回りはほぼ横ばい。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.10%、英国債は0.64%、オーストラリア10年債は1.87%、NZ10年債は2.15%で推移。(気配値)


[本日の主要政治・経済イベント]
・21:30 米・7月非農業部門雇用者数(予想:+18.0万人、6月:+28.7万人)
・21:30 米・7月失業率(予想:4.8%、6月:4.9%)
・21:30 米・6月貿易収支(予想:-430億ドル、5月:-411億ドル)
・21:30 カナダ・7月失業率(予想:6.9%、6月:6.8%)
・21:30 カナダ・6月貿易収支(予想:-28.4億加ドル、5月:-32.8億加ドル)
・04:00 米・6月消費者信用残高(前月比予想:+170.00億ドル、5月:+185.58億ドル)

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均