市場ニュース

戻る
2016年08月05日11時46分

【市況】東京株式(前引け)=続伸、英金融緩和でリスク選好ムード

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより
 5日前引けの日経平均株価は前日比45円86銭高の1万6300円75銭と続伸。前場の東証1部の売買高概算は8億7060万株、売買代金概算は1兆290億7000万円。値上がり銘柄数は838、対して値下がり銘柄数は979、変わらずは148銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、前日の海外株高を受けて買い優勢で始まり日経平均は終始プラス圏で推移した。英中央銀行が金融緩和に動いたことで、世界的にリスクオンの流れが形成されている。為替も1ドル=101円台前半で落ち着いた動きをみせ、これも買い安心感につながった。ただ、日本時間今晩に予定される米雇用統計発表を見極めたいとの思惑もあり、上値を買う動きも限定的だった。

 個別では、業績下方修正でアク抜け感が出たトヨタ自動車<7203>が売買代金トップで大幅高、ETF買いの思惑を背景にファーストリテイリング<9983>の上昇も目立つ。良品計画<7453>が値を飛ばし、テルモ<4543>も堅調。光村印刷<7916>が急伸、好決算評価でバンダイナムコホールディングス<7832>も大幅高。半面、任天堂<7974>は軟調、ブイ・テクノロジー<7717>、東京エレクトロン<8035>も値を下げた。サンケン電気<6707>が急落、ディー・エヌ・エー<2432>も大きく売られた。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均