市場ニュース

戻る
2016年08月05日10時02分

【市況】10時時点の日経平均は前日比49.01円高、決算を材料にトヨタが買い優勢

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

10時時点の日経平均は前日比49.01円高の16303.90円で推移している。米国株は高安まちまちだったことで、日経平均は前日終値水準で取引を開始。決算を発表したトヨタ自<7203>が上げ幅を拡大していることで、寄付き後、16355円まで上昇したが、米雇用統計を前に積極的な買いは続かず、上げ一服後は前日終値水準でのもみ合いとなっている。為替市場では、ドル・円は101円10銭台、ユーロ・円は112円60銭台と朝方とほぼ同じ水準で推移している。

全市場の売買代金上位銘柄では、トヨタ自、ファーストリテ<9983>、そーせい<4565>、テルモ<4543>、ニコン<7731>、スズキ<7269>が買われている。一方、ソフトバンクグ<9984>、任天堂<7974>、三菱UFJ<8306>、ブイ・テクノロジー<7717>がさえない。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均