市場ニュース

戻る
2016年08月05日07時23分

【市況】4日のNY市場はまちまち

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

NYDOW  : 18352.05 (-2.95)
NASDAQ  : 5166.25 (+6.51)
CME225  : 16220 (+30(大証比))

[NY市場データ]

4日のNY市場はまちまち。ダウ平均は2.95ドル安の18352.05、ナスダックは6.51ポイント高の5166.25で取引を終了した。英イングランド銀行の政策金利引き下げを受けて、欧州株が全面高となり買いが先行。7月の製造業や耐久財受注がマイナス成長となり、一時弱含む場面もあったが、明日の雇用統計の結果を見極めたいとの思惑から買戻しが入り、前日終値を挟んで揉みあう展開となった。セクター別では、半導体・半導体製造装置やソフトウェア・サービスが上昇する一方で保険やメディアが下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比30円高の16220円。ADRの日本株はNTTドコモ<9437>、任天堂<7974>、富士重<7270>、菱地所<8802>、伊藤忠<8001>、TDK<6762>がしっかり。半面、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>が冴えないなど、対東証比較(1ドル101.18円換算)で高安まちまち。
《TM》

 提供:フィスコ

日経平均