市場ニュース

戻る
2016年08月04日19時15分

【為替】欧州為替:ポンド小動き、英中銀の金融政策発表待ち

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

 ポンド・円は135円付近で小動き。英中銀の金融政策発表待ちで様子見ムードが広がっているようだ。英中銀は昨日と今日開催した金融政策委員会(MPC)での討議を踏まえ、この後20時に金融政策を発表する。政策金利の0.25%引き下げが市場コンセンサス。


 利下げの際、ポンドは対ドルや対円で売られる見通しだが、ある程度織り込み済みのため大幅安は回避される可能性。また、同時に公表される四半期物価報告などで英国の欧州連合(EU)離脱の影響に関する見解が注目される。それほど悲観的でなければ、ポンドは値を戻す展開となりそうだ。


 ここまでドル・円は101円32銭から101円54銭、ユーロ・円は112円76銭から113円07銭、ユーロ・ドルは1.1125ドルから1.1141ドルで推移。

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均