市場ニュース

戻る
2016年08月04日17時57分

【為替】明日の為替相場見通し=101円台の一進一退継続も

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は、米雇用統計を控えた模様眺め姿勢で101円台での一進一退が続きそうだ。予想レンジは1ドル=100円80~102円00銭。

 この日は、一時100円80銭台まで円高が進む場面があったが、午後に入り日経平均株価が上昇に転じるとリスク回避姿勢の後退でドル買い・円売りが活発化し101円66銭まで値を上げた。あすの米雇用統計は非農業部門雇用者数では18万人増が見込まれている。この雇用者数の伸びが低かった場合、急激な円高進行も予想される。また、今晩は英中銀金融政策委員会(MPC)が開催され、その結果も市場の関心を集めている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均