市場ニュース

戻る
2016年08月04日14時30分

【材料】竹内製作が後場騰勢加速、為替が対ドル、対ユーロともに円安に振れる

竹内製作所 <日足> 「株探」多機能チャートより
 竹内製作所<6432>が後場に入り騰勢を強め、25日移動平均線とのマイナスカイ離を一気に解消してきた。外国為替市場では対ドル、対ユーロともに後場になって円安が進行、足もとは1ドル=101円台半ば、1ユーロ=113円近辺で推移しており、輸出依存比率の高い銘柄に買い戻しの動きが強まっている。同社は海外売上高比率が9割を超えており、為替の影響を受けやすく、円安の流れと連動して上値を急速に指向するかたちとなった。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均