市場ニュース

戻る
2016年08月04日13時35分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】自民・あいさわ氏:労働者は伝統的には民主党支持ですが異変が起きている


自民・あいさわ氏は「米国大統領選挙。現在のところ民主党クリントン氏が少し有利のようですが予断を許さない。いわゆる接戦州の行方に関心が集まる。ここはペンシルベニアの田舎町。労働者は伝統的には民主党支持ですが異変が起きている。目が離せない。」とツイート(8/3)。


報道によると、共和党のギングリッチ元下院議長は3日、「今のトランプ氏は自滅的だ」と指摘し、「クリントン氏の勝利に手を貸している。今のままでは大統領になれない」と述べた。共和党内でトランプ候補に対する不満が再び噴出しているようだが、報じているメディアはほぼメインストリーム系。トランプ氏の支持率が再び低下していることを問題視している。ただし、このような批判は当初から存在していた。それでも予備選挙で大勝しており、有権者の見方が急変しているとは思えない。トランプ氏に対する容赦のない攻撃や非難は「旧体制」側の最後の抵抗のように思える。クリントン候補も
「旧体制」側の人間であると見られている。

《MK》

 提供:フィスコ

日経平均