市場ニュース

戻る
2016年08月04日11時51分

【市況】東京株式(前引け)=朝高後に軟化も引けにかけ下げ渋る

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 4日前引けの日経平均株価は前日比62円96銭安の1万6020円15銭と続落。前場の東証1部の売買高概算は9億9757万株、売買代金概算は1兆565億8000万円。値上がり銘柄数は830、対して値下がり銘柄数は1013、変わらずは124銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、日経平均が朝高後に軟化した。前日の米国株市場でNYダウ、ナスダック指数とも反発したほか、原油市況が下げ止まり、為替の円高も一服したことを受け反発して始まったが、買いが続かなかった。あす予定される米雇用統計発表を前に買い手控え感が強まった。日経平均は一時1万6000円台を割り込む場面もあった。ただ、日銀のETF買い入れ枠拡大で下値も売り込みにくく、その後は下げ渋る展開に。
 
 個別ではソフトバンクグループ<9984>が売買代金トップで株価は軟調。四半期好決算発表も明治ホールディングス<2269>は利益確定を急ぐ売りに大幅安。ブイ・テクノロジー<7717>も値を下げた。アイスタイル<3660>が急落、森永製菓<2201>、日本触媒<4114>などの下げも目立っている。半面、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>などメガバンクが底堅さを発揮し、三菱商事<8058>も続伸。大幅増益決算を材料にイソライト工業<5358>、住友精化<4008>などが値を飛ばした。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均