市場ニュース

戻る
2016年08月04日09時05分

【市況】東京株式(寄り付き)=米株高などを受け買い優勢で始まる

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより
 4日の東京株式市場は買いが優勢、寄り付きの日経平均株価は前日比85円高の1万6168円と反発。

 前日の欧州株式市場は高安まちまちだったが、米国株市場ではNYダウ、ナスダック指数が揃って反発しており、外国為替市場でも1ドル=101円台前半の推移と円高が一服していることから、投資家の不安心理は後退している。ただ、日経平均シカゴ先物の清算値は1万6060円と、前日の日経平均終値に近い水準で着地しており、引き続き1万6000円大台近辺での攻防が意識される状況。目先需給悪から上値は重そうだが、増額された日銀のETF買い入れなどに対する期待感もあり、下値に対しては底堅さも発揮されそうだ。

 寄り付き時点で業種別では33業種中、26業種前後が高く、値上がり上位に鉱業、証券、空運、卸売、水産など。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均