市場ニュース

戻る
2016年08月04日08時49分

【市況】今日の日経平均はこうなる~15900-16200円のレンジを想定

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

【小幅安となる】15900-16200円のレンジを想定=村瀬 智一


3日のNY市場は上昇。朝方は売りが先行したものの上昇に転じ、原油相場の上昇に伴って株式相場も上げ幅を拡大した。7月ADP雇用統計が予想を上振れたほか、7月ISM非製造業景況指数が予想に概ね一致したことも好感された。ダウ平均は41.23ドル高の18355.00、ナスダックは22.00ポイント高の5159.74。シカゴ日経225先物清算値は大阪比30円高の16060円。

NYダウの8日ぶり反発やADP雇用統計が予想を上回ったことで、過度な円高の流れは一服しそうだ。これにより日経平均も売り込みづらくなり、16000円を固める展開に。もっとの、225先物市場でつけている水準でもあり、現物指数でもいったんは16000円を割り込むことになろう。

一目均衡表では雲上限を割り込んでおり、その後は雲上限が重石となる格好から、基準線に接近する流れをみせている。実線が大きく切り下がっていることから遅行スパンは上方シグナルを継続しているが、現在の価格水準での推移が続いてしまうと、再来週辺りには陰転シグナルが発生する。

ボリンジャーバンドでは中心値(25日)を挟んでの推移。MACDは79まで下げてきている。もう一段安となると、マイナスレンジに入る可能性もあるため、調整が本格化する可能性がある。週間形状では26週線、13週線を割り込んできた。15900-16200円のレンジを想定。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均