市場ニュース

戻る
2016年08月04日06時43分

【為替】NY為替:ドル売り一服、7月ADP全米雇用報告は予想を上回る

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

3日のニューヨーク外為市場でドル・円は、101円01銭から101円57銭まで上昇し、101円25銭で引けた。7月の米ADP全米雇用報告で、雇用は予想外に増加したことを好感したドル買いが一時活発となったが、米7月ISM非製造業景況指数(総合)が市場予想を下回ったことから、ドル買いは後退した。


ユーロ・ドルは、1.1205ドルから1.1141ドルへ下落し、1.1150ドルで引けた。ユーロ・円は、113円42銭から112円67銭へ下落。


ポンド・ドルは、1.3356ドルから1.3281ドルへ下落した。英国の7月総合PMI改定値が予想外に速報値から下方修正されたため利下げ観測が強まり、ポンド売りが再燃。


ドル・スイスは、0.9678フランから0.9739フランへ上昇した。

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均