市場ニュース

戻る
2016年08月04日06時32分

【市況】NY原油:反発で40.83ドル、ガソリン在庫の減少を受けて買戻し優勢に


NY原油は反発(NYMEX原油9月限終値:40.83↑1.32)。米エネルギー情報局(EIA)が発表した石油在庫統計では、ガソリン在庫が4月以降で最大の減少となった。一方、原油の生産は減少したが、輸入は増加。この内容を受けて、いったんは売りポジションを整理する動きが強まった。時間外取引では5時48分に41.20ドルまで上昇している。


日足チャートでは、200日移動平均線レベルでの攻防を迎えている。心理的な節目である40ドルを挟んだ展開に。

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均