市場ニュース

戻る
2016年08月03日14時15分

【材料】ぐるなびが頑強、中期計画脚光を浴び上場来高値街道

ぐるなび <日足> 「株探」多機能チャートより
 ぐるなび<2440>が全般悪地合いのなか上場来高値圏で頑強。きょうは一時70円高の3165円まで上値を伸ばして高値を更新。その後、利益確定売りに値を消したものの前日終値近辺で売り物を吸収している。

 飲食店情報サイトを手掛けるが、実質オンリーワン企業としての強みを発揮、17年3月期予想は7%増収、4%増益見通しで、14年3月期以降4期連続の増収増益を達成する可能性が高い。「16年4~6月期は地方開拓を重視したことが功を奏し、有料加盟店が6万店弱と前年同期比1割近い伸びを達成、今後も地方での加盟店増加が続く見込み」(国内中堅証券)という。

 強気の中期計画も市場の注目を集めている。基盤事業の強化と新規事業の開拓により2020年度に売上高550億円(前期実績346億1700万円)、営業利益100億円(同64億2900万円)を目指す方針で、ここにきての上昇トレンドを後押ししている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均