市場ニュース

戻る
2016年08月03日10時50分

【経済】(中国)上海総合指数は0.27%安でスタート、不動産引き締め強化などを警戒

上海総合 <日足> 「株探」多機能チャートより

3日の上海総合指数は売り先行。前日比0.27%安の2963.21ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時44分現在、0.17%安の2966.08ptで推移している。原油安の進行など弱い外部環境が警戒されているほか、国内における不動産引き締め強化が圧迫材料。南京市当局が土地譲渡頭金を60%に引き上げると発表した。一方、本日の元の対米ドル仲値が大幅に引き上げられたことが支援材料となっている。

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均