市場ニュース

戻る
2016年08月03日06時24分

【市況】NY金:6日続伸で1372.60ドル、ドル安や各国の刺激策を材料に


NY金は6日続伸(COMEX金12月限終値:1372.60↑13.00)。為替市場で、ドルが主要通貨に対して下落したことで上昇したほか、豪準備銀行による利下げや日本政府による28.1兆円の経済対策など、刺激策が続くとの見方も材料視された。取引時間中には1374.20ドルまで上昇した。


日足チャートでは、7月6日の年初来高値1384.40ドル更新を意識した地合いとなっている。市場関係者からは「4日の英中央銀行による金利引き下げも加われば、金は7月の年初来高値を上放れる」との指摘。

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均