市場ニュース

戻る
2016年08月02日13時32分

【材料】インヴァスト証券---1Q純利益は82.6%増、世界初のETF特化型証拠金取引サービス開始

インヴァスト <日足> 「株探」多機能チャートより

 

インヴァスト証券<8709>が29日に発表した2017年3月期第1四半期(16年4月-16年6月)決算は、営業収益が前年同期比4.7%減の9.24億円、営業利益が同22.8%減の0.75億円、経常利益が同21.6%減の0.71億円、四半期純利益が同82.6%増の0.52億円だった。

取引所FX取引は、「くりっく365」の取引高が前年同期を下回ったため、純営業収益は前年同期比11.2%減の2.51億円、セグメント利益は同7.8%減の0.41億円となった。店頭FX取引は、業界最狭スプレッド「トライオートFX」の取引高が大幅に増加したものの、「FX24」及び「シストレ24」の取引高が、5月の低ボラティリティ相場の影響もあり減少。純営業収益は同12.1%減の5.15億円、セグメント利益は同じ37.6%減の0.75億円だった。

主力サービスの外国為替証拠金取引は、外国為替市場や株式市場等の市況、その他国内外の経済環境に大きく左右される傾向にあり、業績予想の開示は行っていない。

4月に新サービス「トライオートETF」を開始。世界初のETF特化型証拠金取引で、国内外の世界選抜ETFがひとつの口座で管理可能。1万円から投資できる資産運用サービス。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均