市場ニュース

戻る
2016年08月02日10時20分

【材料】ロイヤルHDが4日続落、上期は外食事業苦戦など響き営業利益が計画未達

ロイヤルHD <日足> 「株探」多機能チャートより
 ロイヤルホールディングス<8179>が4日続落。1日取引終了後、16年12月期第2四半期累計(1~6月)の連結決算を発表し、売上高は642億4600万円(前年同期比3.5%増)、営業利益は14億9200万円(同7.2%減)と、上期計画の売上高645億円、営業利益15億5000万円に届かなかったことが嫌気されている。

 立地特性に合わせた飲食店を展開するコントラクト事業では、インバウンド増加を背景とした空港ターミナル店が好調で売上増を牽引した。ただ、主力の外食事業で、ロイヤルホストの既存店売上高が減収となったことや、人件費率が上昇したことなどが響き、減益を余儀なくされ、これが全体の足を引っ張った。

 なお、通期業績予想は従来見通しを据え置き、売上高1340億円(前期比2.8%増)、営業利益56億円(同14.3%増)を見込んでいる。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均