市場ニュース

戻る
2016年08月01日16時55分

【材料】GMOリサーチ--- 各利益で前年同四半期比で3桁増益、業務提携範囲拡大で今後に期待

GMO-R <日足> 「株探」多機能チャートより

GMOリサーチ<3695>が7月28日に発表した16年12月期第2四半期(16年1月-16年6月)業績は、売上高が前年同四半期比21.8%増の15.46億円、営業利益が1.35億円(前年同四半期は0.44億円)、経常利益が1.08億円(前年同四半期は0.40億円)、四半期純利益が0.61億円(前年同四半期は0.19億円)となった。

当上半期において、同社プラットフォーム『GMO Market Observer』のサービス拡充を目的として、DMP専業国内最大手の株式会社インティメート・マージャーが提供する「AudienceSearch」および、株式会社マクロミルが提供する「AccessMill」と連携を開始。加えて訪日外国人観光客を対象とした調査事業分野において、海外マーケティングに特化した企業である株式会社LIFE PEPPERと業務提携を行う等、業績向上のための施策を実施。

サービス別売上高については、主力のアウトソーシングサービスおよびD.I.Yサービスが好調に推移し、大幅な増収増益となった。

16年12月期通期については、売上高が前期比16.8%増の31.56億円、営業利益が同比36.0%増の2.20億円、経常利益が同比35.1%増の2.06億円、当期純利益は同比56.1%増の1.24億円とする期初計画を据え置いている。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均