市場ニュース

戻る
2016年08月01日09時28分

【市況】日経平均は153円安でスタート、4-6月期のGDPが予想を下回ったことと円高が重しに/寄り付き概況

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 16415.31 (-153.96)
TOPIX  : 1308.30 (-14.44)

[寄り付き概況]


 日経平均は反落で始まった。29日の米国市場は、4-6月期のGDPが予想を下回ったことが嫌気され、NYダウは5日続落。この流れを受けてシカゴ日経225先物清算値は大阪比290円安の16320円と大きく下押している。そのため、これにさや寄せする流れのなか、週初は売りが先行する格好。為替市場での円高も重しとなっている。

 セクターでは海運が3%超の下落となったほか、証券、空運、その他製品、建設、ガラス土石、ゴム製品、機械が冴えない。一方で、精密機器、医薬品、銀行が小じっかり。東証1部の騰落銘柄は、値下がり数は1600を超えており、全体の8割を占めている。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均