市場ニュース

戻る
2016年07月30日22時11分

【市況】今週の【JASDAQ市場】7月25~29日『相対的に中小型株には資金向かわず』

ジャスダック <日足> 「株探」多機能チャートより

【前週活況を見せたマクドナルドは任天堂に連れ急反落】25日(月)

■概況■2475.55、+4.82
25日(月)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均が反発、JASDAQ-TOP20とJ-Stock Indexは続落となった。値上がり:339銘柄、値下がり:256銘柄、変わらず:70銘柄。ここまでスマートフォン向けゲーム「Pokemon GO」のヒットを受けて相場をけん引してきた任天堂<7974>だが、本日は一転ストップ安まで売られ、同タイトルとの連携を巡り活況となっていたマクドナルド<2702>など関連銘柄が連れ安となった。その他、足元で動意を見せているカジノ関連などの売買代金上位は高安まちまちだった


◆注目銘柄◆
マクドナルドが終値で11%超安となったほか、カジノ関連として前週買われる場面があったユニバーサル<6425>、直近IPO銘柄のデュアルタップ<3469>、その他ユビキタス<3858>やモジュレ<3043>の下げが目立った。任天堂関連として前週急伸したシライ電子<6658>に加え、日本テレホン<9425>がストップ安で取引を終えた。その他、セプテーニHD<4293>、エン・ジャパン<4849>、サン電子<6736>などが下落した。一方、日本ラッド<4736>、FVC<8462>、平田機工<6258>などが上昇。カジノ関連でもテックファム<3625>は大幅に4日続伸。アイサンテクノ<4667>は一部でPokemon GO関連との見方もあり物色が向かった。昭栄薬品<3537>、アイレックス<6944>、コンセック<9895>の上昇も目立った。


--------------------------------------


【様子見ムードも強く、売り一巡後は下値もみ合い】26日(火)

■概況■2464.66、-10.89
26日(火)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均が反落で、JASDAQ-TOP20は続落、J-Stock Indexは反発となった。値上がり:185銘柄、値下がり:416銘柄、変わらず:77銘柄。JASDAQ平均は小高くスタートした後にすぐ伸び悩み、前場中頃からは安値圏でのもみ合いが続いた。為替の円高進行などで日経平均が想定以上に伸び悩み、個人投資家のムードも悪化する格好に。重要イベントを控えて様子見ムードも強まる。


◆注目銘柄◆
フォーサイド<2330>が急伸、中国「新浪」「微博」の広告販売代理店事業を開始したことが材料視される。また、コスモ・バイオ<3386>はエクソソーム検出用抗体の特許権を譲受で、リプロセル<4978>は尿中の細胞からiPS細胞を作製する受託サービス開始でそれぞれ急伸。バイオ関連ではDWTI<4576>も大幅高、プロパスト<3236>なども賑わう。半面、任天堂関連として急伸してきたシライ電子<6658>、日本テレホン<9425>などは連日の急落。デュアルタップ<3469>、モジュレ<3043>なども大幅続落。テックファム<3625>などカジノ関連の一角もさえない。JASDAQ-TOP20では、ユビキタス<3858>、セリア<2782>がしっかり。一方、フェローテック<6890>、ザイン<6769>がさえない。


--------------------------------------


【もみ合い、相対的に中小型株には資金向かわず】27日(水)

■概況■2466.44、+1.78
27日(水)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均が反発、JASDAQ-TOP20は続落で、J-Stock Indexは反落となった。値上がり:323銘柄、値下がり:244銘柄、変わらず:81銘柄。JASDAQ平均はもみ合いスタート後、底堅い動きとなったが、非常に小幅なレンジでの推移にとどまった。日経平均が政策期待の高まりで大幅に上昇する中、マザーズ指数とともに相対的に上値が重く、中小型株には資金シフトが進まなかった。


◆注目銘柄◆
フォーサイド<2330>が連日の急伸、博展<2173>はハウステンボス「変なホテル」全国展開との報道が材料視される。プロパスト<3236>、シノケンG<8909>、アパマンHD<8889>などの中小型不動産株は日銀の追加緩和期待が買い材料に。日アイエスケイ<7986>、フォーサイド<2330>、アスコット<3264>なども急伸。半面、シライ電子<6658>は任天堂関連として前週急伸した反動安が続き、マクドナルド<2702>も軟調。前日に急伸のリプロセル<4978>は急反落、テックファム<3625>、インターライフ<1418>などカジノ関連もさえない。パレモ<2778>も急落。JASDAQ-TOP20では、ウエストHD<1407>、メイコー<6787>がしっかり。一方、インフォコム<4348>が急落で、田中化研<4080>もさえない。


--------------------------------------


【新興市場銘柄には資金向かわず、一段と様子見ムードに】28日(木)

■概況■2459.2、-7.22
28日(木)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均が反落で、JASDAQ-TOP20は続落、J-Stock Indexは反発となった。値上がり:194銘柄、値下がり:377銘柄、変わらず:62銘柄。JASDAQ平均はもみ合いスタート後に下げ幅を広げる。引けにかけてもやや下げ幅を広げた。イベント前に1部市場でも様子見ムードは強まったが、新興市場の中小型株に資金がシフトする状況にはならず、より資金流入は細る流れとなっている。


◆注目銘柄◆
アクモス<6888>が16年6月期業績の上方修正を好感で急伸。ダルトン<7432>は医薬品の連続造粒システム開発と報じられ大幅高。インテリW<4847>も上方修正が材料視され、インターライフ<1418>はカジノ関連として人気継続。エンジャパン<4849>、FVC<8462>なども強い動き。半面、フォーサイド<2330>、博展<2173>、アパマンHD<8889>、アスコット<3264>などは急反落。シライ電子<6658>は大幅に続落。JASDAQ-TOP20では、セリア<2782>、ハーモニック<6324>などがしっかり。一方、インフォコム<4348>、ユビキタス<3858>などが軟調。


--------------------------------------


【上げ幅広げる、重要イベント通過で手掛けやすさも】29日(金)

■概況■2468.98、+9.76
29日(金)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20が反発、J-Stock Indexは続伸となった。値上がり:310銘柄、値下がり:240銘柄、変わらず:82銘柄。JASDAQ平均は、日銀決定会合を控えてポジション整理の手仕舞い売りが先行、結果発表後は一時乱高下となったが、その後は引けにかけて、日経平均が強調展開となる中で上げ幅を広げていった。重要イベント通過で中小型株も手掛けやすくなる形へ。


◆注目銘柄◆
4-6月期の決算内容が好感されてGMOペパボ<3633>が大幅高。IRJーHD<6035>も第1四半期好決算が買い材料視される。テックファム<3625>、インターライフ<1418>などカジノ関連も人気継続。北川精機<6327>は短期資金の関心集まり急伸。セプテーニHD<4293>も強い動き。半面、新日建物<8893>、プロパスト<3236>、アパマンHD<8889>、ファンドクリG<3266>などの不動産株は日銀決定会合の結果を嫌気で急落。ニューフレア<6256>4-6月期決算の市場予想下振れで売られる。フォーサイド<2330>、アスコット<3264>などは大幅続落。JASDAQ-TOP20では、セリア<2782>、インフォコム<4348>、田中化研<4080>などがしっかり。一方、ベクター<2656>な伸び悩む。


--------------------------------------

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均