市場ニュース

戻る
2016年07月29日20時29分

【市況】米国株見通し:米経済指標に注目

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

S&P500先物 2162.75(-2.00) (19:30現在)
ナスダック100先物 4721.25(+1.50) (19:30現在)

19:30時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小動きに推移している。

28日の米株式市場はまちまち。朝方は原油安や主要企業決算を受けて、売り買いが交錯する展開となった。昨日のFOMCで具体的な利上げ時期を示唆する内容が含まれなかったほか、明日の日銀金融政策決定会合の結果を見極めたいとの思惑から手控えムードとなった。セクター別では、小売や食品・飲料・タバコが上昇する一方で自動車・自動車部品や電気通信サービスが下落した。ダウ平均は15.82ドル安の18456.35、ナスダックは15.17ポイント高の5154.98。

グローベックスの米株先物は小動きに推移している。日銀の金融政策決定会合の結果を受けた市場反応もそれ程見られていないようである。一方で欧州は全般小安く推移している。伊FTSE MIBは2%近く下落して推移している。イタリアで多額の不良債権を抱える銀行の救済が大詰めを迎えている。欧州の銀行の資産査定(ストレステスト)結果を見極めたいところである。欧州の弱い値動きとなるようだと、嫌気売りを誘うことになりそうだ。米国の経済指標の発表では、4-6月期GDP速報値、7月シカゴ購買部協会景気指数が注目される。

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均