市場ニュース

戻る
2016年07月29日19時09分

【市況】29日の日本国債市場概況:債券先物は一時152円44銭まで急落


<円債市場>
長期国債先物2016年9月限
寄付153円73銭 高値153円77銭 安値152円44銭 引け152円60銭
売買高総計32092枚

2年 367回 -0.260%
5年 128回 -0.270%
10年343回 -0.195%
20年157回 0.180%

債券先物9月限は、153円73銭で取引を開始し、153円77銭を高値に、日銀の追加緩和措置への失望感から売りが急速に強まり、一時152円44銭まで下落した。日銀はETF買い入れ枠の拡大を決定し、マイナス金利幅拡大や長期国債買い入れ増額を見送った。現物債の取引では、全年限が売られた。

<米国債概況>
2年債は0.71%、10年債は1.52%、30年債は2.25%近辺で推移。
債券利回りはやや上昇。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.07%、英国債は0.73%、オーストラリア10年債は1.87%、NZ10年債は2.18%で推移。(気配値)


[本日の主要政治・経済イベント]
・21:30 米・4-6月期GDP速報値(前期比年率予想:+2.5%、1-3月期:+1.1%)
・21:30 米・4-6月期雇用コスト指数(前期比予想:+0.6%、1-3月期:+0.6%)
・21:30 カナダ・5月GDP(前月比予想:-0.5%、4月:+0.1%)
・22:30 ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁が会合出席(政策対話)
・22:45 米・7月シカゴ購買部協会景気指数(予想:54.0、6月:56.8)
・23:00 米・7月ミシガン大学消費者信頼感指数確定値(予想:90.2、速報値:89.5)
・02:00 カプラン米ダラス連銀総裁が会合で質疑応答

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均