市場ニュース

戻る
2016年07月29日18時32分

【テク】日経平均テクニカル:パラボリックやMACDが陰転


反発。荒い値動きとなっており、上値は5日線辺りのほか、価格帯別出来高で商いが膨れている16600-16800円処が上値抵抗となっている。下は25日線が意識されてきている。ボリンジャーバンドでは+1σと中心値(25日)とのレンジ取引。パラボリックはSAR値にタッチしており、陰転シグナルを発生させている。MACDはシグナルとのクロスにより、陰転シグナルを発生させている。また、一目均衡表では一時雲を割り込み、一気に雲下限レベルまで下げる場面を見せている。終値では雲を突破しているほか、転換線も捉えている。これを支持線に雲を上放れてくるようだと、パラボリックやMACDのシグナルも早期に陽転してこよう。ただし、雲が切り下がりをみせてくるため、これに沿った調整をみせてしまうと厳しいだろう。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均