市場ニュース

戻る
2016年07月29日14時03分

【市況】14時時点の日経平均は前日比62.11円安、メガバンクが後場一段高に

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

14時時点の日経平均は前日比62.11円安の16414.73円で推移している。後場ここまでの高値は12時44分の16679.19円、安値は12時50分の16174.35円。12時44分頃、日銀金融政策決定会合の結果内容が伝わった。ETFの買入枠を年間3.3兆円から6.0兆円に拡大した。この発表を受けて、上下に大きく振れる展開に。追加の金融緩和実施で、先物市場では日本株買いで反応したものの、ETF買入枠の拡大だけに留まったことで失速。マイナス圏での推移となっている。

TOPIXコア30銘柄では、マイナス金利の拡大が回避されたことから、三菱UFJ<8306>などメガバンクが強い動きを示しているが、三井不<8801>など不動産関連は売り優勢となっている。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均