市場ニュース

戻る
2016年07月29日13時38分

【材料】関電工が年初来高値、利益予想の上方修正を好感した買いに国内大手証券が目標株価引き上げ

関電工 <日足> 「株探」多機能チャートより
 関電工<1942>がマドを開けて急伸。2月9日につけた年初来高値909円を一気に更新し、東証1部の値上がり率ランキングでベストテン入りしている。28日引け後に、17年3月期の利益予想を上方修正、通期の連結営業利益は200億円から220億円(前期比34.0%増)へ、純利益は122億円から142億円(同50.9%増)へ引き上げられたため、これを好感した買いに値を飛ばしている。

 このほかSMBC日興証券がリポートをリリース。同社から同時に発表された17年3月期第1四半期連結決算をポジティブと評価。営業利益は65億9100万円と、総利益率向上により同証券予想の50億円を上回ったと紹介。総利益率向上を織り込み同証券の利益予想を増額、目標株価を980円から1150円へ引き上げ、投資評価は「2」(中立)を継続している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均