市場ニュース

戻る
2016年07月29日11時24分

【材料】東芝プラ、国内大手証券は営業最高益更新へ順調なスタートと評価

東芝プラ <日足> 「株探」多機能チャートより
 東芝プラントシステム<1983>が高値更新後失速。現在は前日終値と比べ小安い水準で推移している。

 同社はきのう場中、17年3月期第1四半期決算を発表。売上高は前年比20.6%増の386億4000万円、営業利益は同35.4%増の32億2000万円となった。

 国内大手証券では、「営業最高益更新へ順調なスタート」と評価。国内の電力向けを中心とした堅調なメンテナンス関連売り上げに海外火力の拡販も寄与し、17年3月期も営業最高益更新を予想。

 レーティング「バイ」を継続、目標株価を1900円から2100円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均