市場ニュース

戻る
2016年07月29日08時53分

【市況】日銀会合の結果が想定内でも売り方優位の需給状況か/オープニングコメント

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

 29日の日本株市場は神経質な相場展開になりそうだ。28日の米国市場ではナスダックが3日続伸となる一方で、NYダウは4日続落と、まちまちの展開だった。米国においても、日銀の金融政策決定会合の結果を見極めたいとのムードが強かった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比155円高の16565円だった。

 シカゴ先物にさや寄せする格好から、昨日の下げに対する自律反発が意識される。一方で、円相場が朝方に1ドル103円台に乗せる場面もみられるなど、日銀会合を前に不安定な値動きをみせており、神経質にさせよう。そのため、買い一巡後は次第にこう着感の強い相場展開になり、決定会合の結果待ちといったムードになろう。

 また、決算発表がピークを迎えることから積極的には手掛けづらい。週末要因もあって参加者も限られており、短期筋の売り仕掛け的な商いには注意する必要がありそうだ。日銀会合の結果が想定内としても、売り方優位の需給状況とみられる。

 日経平均の一目均衡表では、支持線として意識される雲上限を結局割り込んでいる。また、転換線に上値を抑えられている。雲上限が16500円辺りから、来週には一気に16240円近辺まで切り下がってくるため、雲に沿った調整が警戒されやすい。シカゴさや寄せで雲を上回って始まろうが、シグナルは悪化傾向にあることは意識しておく必要があるだろう。

 決算を手掛かりに商いが集中しやすいが、寄付き段階で織り込まれやすく、資金回転が利きづらい状況でもある。そうなると、決算を避けてテーマ等を手掛かりとした物色が意識されてくる。来週の経済対策の発表を意識した政策関連などでの短期的な値幅取り狙いの商いが中心になりそうである。
《AK》

 提供:フィスコ

日経平均