市場ニュース

戻る
2016年07月29日06時16分

【市況】NY金:3日続伸で1341.20ドル、早期利上げ観測後退で資金が流入


NY金は3日続伸(COMEX金12月限終値:1341.20↑6.70)。米FOMCの結果を受けて、早期に利上げは実施しないとの思惑が高まり、投資資金が再び流入している。1352.60ドルまで上昇した後は、上げ一服となったが、堅調な推移となった。なお、本日から12月限に中心限月が交替している。


日足チャートでは、7月6日の年初来高値1384.40ドルをピークに調整局面入りを迎えていたが、昨日から反発。高値更新を意識した格好となっている。

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均