市場ニュース

戻る
2016年07月28日20時29分

【市況】米国株見通し:日銀会合の結果待ちで模様眺めムードも

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

S&P500先物 2162.00(+1.50) (20:10現在)
ナスダック100先物 4708.00(+0.25) (20:10現在)

20:10時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小動きに推移している。

27日の米株式市場はまちまち。主要ハイテク決算が好感され、買いが先行。その後はFOMCの発表を控えて上げ幅を縮小した。注目のFOMCでは賛成多数で政策金利が据え置かれ、米経済見通しに対する短期的なリスクが後退、雇用情勢が改善したとの認識を示した。9月利上げを示唆する内容が含まれなかったことから、発表後は追加利上げ観測の後退を受けて緩やかに上昇したものの、売り買い交錯に。ダウ平均は1.58ドル安の18472.17、ナスダックは29.76ポイント高の5139.81。

グローベックスの米株先物は小動きに推移しており、NYダウで5ドル高程度。前日にアップル決算を評価したナスダックについても、0.50ポイント高程度で推移しており、方向感が掴みづらい展開になりそうだ。時間外ではフェイスブックが予想を上回る決算が評価されたが、インパクトは限られそうだ。一方で、日銀の金融政策決定会合の結果を見極めたいとする模様眺めムードが高まりやすいだろう。

また、欧州は全般軟調に推移しており、伊FTSE MIBは1.5%程度の下落で推移している。ユーロストックも小安い。欧州が不安定な値動きであることも手掛けづらくさせる。また、足元で調整が強まってきている原油先物の動向なども手控え要因になりそうだ。

なお、経済指標では新規失業保険申請件数(先週)が予定されている。決算ではダウ・ケミカル、フォード、マスターカード、アルファベット、アマゾン、アフラックなどが予定されている。

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均