市場ニュース

戻る
2016年07月28日15時37分

【為替】外為サマリー:1ドル104円後半へ下落、米早期利上げ観測後退で軟調

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 28日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後3時時点で1ドル=104円85銭前後と前日午後5時時点に比べ50銭強のドル安・円高。ユーロは1ユーロ=116円05銭前後と同10銭前後のユーロ高・円安で推移している。

 ドル円は後場に入っても軟調に推移。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で米国の早期利上げ観測が後退したことから、ドル売り・円買いの圧力が強まっている。8月2日に閣議決定する経済対策は28兆円規模との方針が表明されているが、「真水」の規模などが関心を集めている。あすの日銀金融政策決定会合を巡り、依然、強弱観が入り混じった展開が予想される。

 ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.1068ドル前後と前日に比べ 0.0060ドル強のユーロ高・ドル安で推移している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均