市場ニュース

戻る
2016年07月28日13時52分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】生活・小沢氏:実質は改革どころか後退


生活・小沢氏(事務所)は「安倍政権は本当に茶番劇が好きである。この都知事選も自民党対自民党のとんだ茶番劇を展開中である。付き合わされる方はたまったものではない。改革が進むような錯覚を覚えさせ、実質は改革どころか後退する。いつものパターンである。茶番劇が続き、良しとされる限り、絶対的に世の中はよくならない。」とツイート
(7/27)。


都政の改革だけが選挙争点にはなっていないはずだが、各候補者の政策を吟味すると、鳥越氏の政策は家計支援を鮮明に打ち出しており、「都民の生活が第一」の方針を掲げているとみられる。教育、育児の支援も刷新する構えを見せている。財政面での調整が必要になりそうだが、各候補者は地方自治の模範となるような政策を提示し、都民の生活向上と都政の刷新をアピールすべきだろう。

《MK》

 提供:フィスコ

日経平均