市場ニュース

戻る
2016年07月28日13時15分

【材料】日本電産は4連騰で新値街道、電動ステアリング用モーターとADAS好調で収益再評価

日電産 <日足> 「株探」多機能チャートより
 日本電産<6594>が全体下げ相場のなか逆行高を演じ4連騰。7月11日以降、強力な上昇トレンドを形成し新値街道を走る。きょうまでの12営業日で11勝1敗と上げ足が際立つ。強みとする自動車向けでは電動ステアリング用などを中心とする車載モーターが好調、先進運転支援システム(ADAS)関連も売り上げを伸ばし収益に貢献している。17年3月期の通期想定為替レートを1ドル=110円から105円に、1ユーロ=120円から115円に修正したが、通期見通しを据え置き(営業利益段階で前期比10.3%増の1300億円)としたことで、収益体質の強さが改めて評価材料となった。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均