市場ニュース

戻る
2016年07月28日08時46分

【市況】今日の日経平均はこうなる~16500-16700円のレンジを想定

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

【小幅安となる】16500-16700円のレンジを想定=村瀬 智一


27日のNY市場はまちまち。主要ハイテク決算が好感され買いが先行。その後は連邦公開市場委員会(FOMC)の発表を控えて上げ幅を縮小した。FOMCでは賛成多数で政策金利が据え置かれ、米経済見通しに対する短期的なリスクが後退、雇用情勢が改善したとの認識を示した。9月利上げを示唆する内容が含まれなかったことから、発表後は追加利上げ観測の後退を受けて緩やかに上昇したものの、引けにかけて下落している。ダウ平均は1.58ドル安の18472.17、ナスダックは29.76ポイント高の5139.81。シカゴ日経225先物清算値は大阪比120円安の16590円。

シカゴ先物にさやと背する格好から利食い先行の展開となろうが、ファナック<6954>が時間外で5%程度の上昇をみせており、下支えとして意識されそうである。16600-16800円は価格帯別出来高で商いが膨れているところであり、戻り待ちの売り圧力は強いだろう。一方で前日の上昇で一目均衡表の雲を突破している。雲上限が位置する16504円処が支持線として意識されよう。16500-16700円のレンジを想定する。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均